免疫力を上げるHSP入浴法!温泉の歴史と風呂敷の起源!

免疫力を上げるHSP入浴法 入浴法
免疫力を上げるHSP入浴法
この記事は約4分で読めます。

こんにちは、温泉利用指導者の岩渕です。

コロナウイルス、不安に思われている方も多いと思います。
この記事では、身近な「お風呂」を使って免疫力を高める方法をご紹介します。

また、日本では古来より温泉を治療として利用してきました。
知ってるとちょっと楽しい、温泉の歴史も併せてご紹介します。

免疫力を高めるHSP入浴法

2020年、これまで経験したことのないウイルスによる人間の存在危機がもたらされています。
特に持病がある方など免疫力が低下している方は、感染リスクや重篤化の可能性が高いということも言われています。

コロナの時代、お風呂で何ができるの??

免疫力を高める入浴法として代表的なものがあります。

マイルド加温療法やヒートショックプロテイン(HSP)入浴法などと呼ばれる入浴法です。

ポイントは、ヒートショックプロテインというタンパク質が増えることで、痛んだタンパク質を補修したり、免疫を高めたり、ストレスから身を守ったりしてくれるということです。

このストレス時代にあえて熱のストレスを与えるわけです。

もともとこのストレスとは悪いものではありません。
適度にストレスを加えることで人間の体は適応しようとして体の機能を高めます。

HSP入浴法のやり方

42℃なら10分、41℃なら15分、40℃なら20分全身浴(肩まで浸かる)を行います。
その後20分~30分バスタオルやバスローブにくるまり保温を行います。
体内深部温度(舌下体温で可)が38℃になるようにします。

ちなみにこの時に水分補給をしてしまうと体温が下がってしまいますので、入浴の前後で水分補給をします。
すると、2日後にピークがくる形でHSPが増加します。
毎日行うと、熱のストレスを感じにくくなってしまうので、週に1~2回までとしてください。

大事なプレゼンの2日前や、運動する方は大会の2日前などに行うと良い結果が期待できそうです。

くれぐれも無理は禁物です。
持病がある方などは体調や医師との相談をお勧めいたします。

また、お風呂に普通に入るだけでも、雑菌を洗い流し清潔になります。
手洗いやうがいも大事ですが、帰宅したらすぐにお風呂に入ってしまうのでが良いと思われます。
雑菌は服や髪の毛にもついていますので、すべてをきれいにしてからステイホームを楽しでください。

温泉の歴史と風呂敷の起源

温泉文化は古く、神奈川県の湯河原温泉は万葉集にも歌われています。

お風呂文化の起源は諸説ありますが、仏教が中国より伝わってきて、僧侶が修行を始める前に身を清める沐浴が起源ではないか、という説で話を進めます。

この沐浴、最初は熱したお湯の蒸気を浴びるサウナのようなものだったそうです。
蒸気をそのまま浴びるのは熱すぎるので、修行用の袈裟を包んでいた布を敷き、蒸気を浴びていたそうです。
いわゆる風呂敷”の起源ということですね。

なので、もともと入浴(沐浴)はとても神聖なものだったわけですね。

戦国時代には、武田信玄が温泉に入り傷をいやしたり(信玄の隠し湯)など、治療としても利用されています。
江戸時代になると、大衆浴場ができ、これまで行ってきた水を浴びる行水から銭湯の形へ移り替わっていきました。
しかし、混浴であったこともあり風紀の乱れなどで取り締まられていたこともあったようです。

戦前までは、一家に一つお風呂があるわけではなく、街では銭湯などが主でした。
田舎の方では温泉や川・池での行水や井戸水で体を拭いたりすることぐらいでした。

戦後になると高度成長期にマンモス団地がたくさん建てられました。
その部屋にはお風呂が設置されるようになり、一気にお風呂に入ることが生活習慣のスタンダードになりました。

現在では、一家に一つは当たり前になり、逆にシャワーのみで済ましてしまう方も増えてきています

時代と共に入浴の文化は変わっていくのですが、“湯に浸かる”という文化は残していきたいですね。

まとめ

HSP入浴法とは、ヒートショックプロテインというタンパク質が増えることで、痛んだタンパク質を補修したり、免疫を高めたり、ストレスから身を守ったりしてくれる入浴法です。
適度にストレスを加えることで人間の体は適応しようとして体の機能を高めます。

温泉の歴史は古く、時代と共に入浴の文化は変わっています。
僧侶が修行を始める前に身を清める沐浴の蒸気をそのまま浴びるのは熱すぎるので、修行用の袈裟を包んでいた布を敷き、蒸気を浴びていたのがいわゆる風呂敷”の起源ということです。

万葉集にも歌われるほど昔から日本人との関わりが深いお風呂。
身近なお風呂を上手に利用して、コロナの時代も元気に過ごしていきたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました