×

お車や電車でお越しの方へ

江の島は、曜日・時間帯により渋滞が発生し、特に、土日祝日、ゴールデンウィーク、お盆休み等は、江ノ島大橋及び島内道路が混雑する場合がございますので、時間にゆとりをもってお出かけいただくことをおすすめいたします。

※ 午前10時前、又は夕方以降は、比較的すいている時間帯です。

駐車料金サービスのご案内

本館温浴施設にて10,000円以上ご利用(1レシート)で、江の島 島内の駐車場の駐車料金(普通車)を館内の滞在時間に応じて4時間までサービス!
[対応駐車場] 藤沢市観光協会 江の島駐車場、江の島なぎさ駐車場、江の島かもめ駐車場、県営江の島駐車場。

割引駐車券について

「藤沢市観光協会 江の島駐車場(24時間営業)」専用のお得な割引駐車券をフロントにて販売しております。 通常料金400円/普通車(1時間)を、200円/普通車(1時間)でご利用いただけます。詳しくはフロントまで。

各駅からの徒歩時間

・小田急江ノ島線「片瀬江ノ島駅」徒歩10分
・江ノ島電鉄「江ノ島駅」徒歩14分
・湘南モノレール「湘南江の島駅」徒歩14分

えのすぱのある生活

ユーザーが語るえのすぱの魅力

角川 慶子さん

祖父は角川書店の創業者、父は角川春樹として知られ、アイドル、タレント、ライターなど華やかな経歴を持つも、 2011年、「娘のために」、いきなり保育園を開業。さらに2018年、「将来の自分のために」、いきなり京都の大学に入学。 子育てに追われながら、2つの保育園とベビーシッター派遣会社を経営し、大学生として京都にも通う、超絶行動力。 もともと霊感が強く、保育園の土地、大学、出掛ける場所も厳選し、疲れて運気が下がった時は、特別なエネルギーが溢れる、スピリチュアルな場所でパワーチャージをし、心身のバランスを整えている。 特別な場所、それは「江の島」。

河辺 千恵子さん

小学5年生の時、「憧れの安室奈美恵さんのようになりたい!」と夢を叶えるため、タレント事務所に所属。 10歳で子役デビュー、雑誌ラブベリー専属モデルやミュージカルセーラームーンなどに出演し、憧れられる存在へ。 芸能界で全力疾走を続けていた25歳、突然難病に襲われ、絶頂から底辺に。 治療法がないと言われる病に、もがき苦しむ中、リハビリ目的で始めた「ピラティス」が心身を甦らせ、新たな人生の扉を開いた。 難病を克服し、30歳からピラティスを軸に動き出した河辺さんには、「心身をニュートラルに戻す特別な場所」がある。 海、1人の時空、そして第三の場所。 それは「えのすぱ」。

秋岡 恵利子さん

専業主婦として家事、子育てに専念してきたが、50歳で江の島・奥津の宮の隣に佇む甘味処「島の茶屋 あぶらや」の店主となる。 日の出とともに起床し、原料運び、仕込み、オリジナル菓子の開発、新メニュー発案、SNS情報発信と、繁盛店づくりに奔走しつつ、1日1キロ泳ぐことも。 60歳を過ぎた頃、長年抱いていた疑問「運動しているのに何故痩せない?」が、えのすぱで受けた遺伝子検査で解明。身体コントロールのコツを掴み、今では10分でも時間が空けば、水泳、体幹トレーニングに駆け出す。そんな秋岡さん(68)には、元気でキレイでいられる秘訣があるという。 それは「江の島のパワーを感じ取ること」。

佐野 真彩さん

学生時代「普通に就職し、普通に結婚」と将来を語るも、25歳でレースクイーンデビュー。 真夏の炎天下も、雨、雪の日も、セクシーなコスチュームでレースチームのPRを行うレースクーンを5年間こなし、2013年度日本レースクイーン大賞グランプリ、レースクイーン・オブ・ザ・イヤー13-14の二冠を達成、レースクイーン界のレジェンドに。 171㎝の美BODYと温和な性格が人気を集め、現在はキャスター、モデルなどマルチに活躍中。 常に人に見られる仕事を続ける佐野さんは、休日になると、とっておきの場所にリトリートする。 そこは、時間がゆるりと流れる、至福の空間「江の島アイランドスパ」。

トップ