水圧を利用した運動効果 ~血管や筋肉が圧縮、心臓のポンプ作用が強くなり血液の循環が良くなる~

 

emisuiatsu水圧を利用した運動効果

 

 

ウエストが数センチ細くなるほどの大きな水圧を受けることで、血管や筋肉が圧縮されたり、心臓のポンプ作用が強くなったり、血液の循環が良くなります。また、肺の容量が少なくなり、腹式呼吸も促されることで、体はより多くの酸素を体内に取り入れようとするため、強い運動をしなくても十分な運動効果を得ることができます。立ち姿勢では、足の部分の水圧が高く、上半身は低くなる為、老廃物や血液が自然と循環され、特にふくらはぎのむくみの改善や予防に効果が期待できます。