ご存知ですか?[要件を満たしている場合]えのすぱ施設での利用料金や交通費が医療費控除の対象となります。

江の島アイランドスパは、厚生労働省が定める温泉利用型健康増進施設に認定されています。

当施設を利用し温泉療養を行い、かつ要件を満たしている場合に、施設の利用料金、施設までの往復交通費について所得税の医療費控除を受けることができます。

厚生労働省が定める温泉利用型健康増進施設

温泉利用型健康増進施設とは、厚生労働省が定める一定の基準を満たし、温泉を利用した健康づくりを図ることができる施設のことをいい、認定施設では以下の要件を満たしています。

入浴設備と運動設備が総合的に整備されている

水中運動のイメージ図

●認定施設では温泉を利用した各種の入浴設備と運動設備が総合的に整備されています。
入浴施設では、かぶり湯、寝湯、気泡浴、ミストサウナ等
運動施設:トレーニングジム・プール等

江の島アイランドスパでは、男女別天然温泉や共用含めた全16種類の温泉&スパがあり、水中での特性を活かしたスパ利用の運動プログラム(アクアプログラム)や陸上運動(フロアエクササイズ)、ヨガなどを行っています。

温泉利用指導者資格を持ったスタッフが入浴指導を行ないます。

入浴指導を行なう温泉利用指導者資格を持ったスタッフのイメージ

●医師が作成した温泉療養指示書に従って入浴指導を行なう温泉利用指導者資格を持ったスタッフが指導いたします。
この資格保有スタッフは、入浴指導以外にも安全管理や応急処置、生活指導全般も行ないます。

※温泉利用型健康増進施設の認定要件として温泉利用指導者の配置が義務づけられています。

江の島アイランドスパでは、提携する医療分野のドクター・看護師・理学療法士と共に、運動分野で温泉利用指導者資格スタッフやインストラクターがチーム一丸となり、入浴指導や安全管理、応急処置、生活指導全般も行ないトータルにサポート致します。

温泉療法の知識・経験を有する医師のいる医療機関との提携

当施設1階に提携する医師がおりますのでご相談ください。

●温泉利用型健康増進施設では、温泉療法の知識・経験を有する医師のいる医療機関と提携をしています。

江の島アイランドスパでは、施設内1階に提携する弁天クリニックがあり、温泉療法や「痛みのケア」と「メンタルケア」を専門にお客様一人一人の健康相談や利用方法などをアドバイスいたします。
お体に不具合があった際などお気軽にご相談ください。


温泉療養にかかる医療費控除の要件

えのすぱ施設の利用料金、施設までの往復交通費について
所得税の医療費控除を受けるための要件と手順

医師に相談 イメージ図

かかりつけの医師(主治医)に相談するか、当施設が提携関係を結んでいる、弁天クリニックにご相談ください。(弁天クリニックは当施設内1階です)

●診察を必要とすることがありますので、健康保険証をお持ちください。
●主治医以外の医師に相談する場合は、主治医からの紹介状やからだの状態をメモしたものを持っていくようにします。

温泉療養のための「温泉療養指示書」を受け取る

温泉療養のための「温泉療養指示書」を医師から受け取ってください。

●温泉入浴の方法や時間、回数が記載された「温泉療養指示書」を医師から受け取ります。

認定施設「えのすぱ」で温泉療法を行います。

認定施設での温泉療養のイメージ図

●医師からの「温泉療養指示書」を温泉利用指導者(トレーナー)にお渡しください。 「温泉療法指示書」に従い指導が行われます。

●所得税の医療費控除対象には、当施設での温泉療法をおおよそ1ヶ月以内に7日以上の利用に適用されます。
※指導料などがかかる場合がございます。
※指導料も控除対象となります。利用日数は通算できます。

確定申告に必要な「領収書」と「温泉療養証明書」を発行します

確定申告に必要な「領収書」と「温泉療養証明書」を医師から受け取る

●温泉療養の利用に関しまして確定申告に必要になる「領収書」「温泉療養証明書」が発行されます。
確定申告まで大切に保管しておいてください。
※領収書は紛失されましても再発行できませんのでご了承ください。

※当施設の提携医師以外の医師より「温泉療養指示書」を作成の方は、「温泉療養報告書」を当施設よりお渡しいたしますので「温泉療養指示書」作成の医師に提出し「温泉療養証明書」に作り替えてもらいます。

税務署で確定申告

「領収書」「温泉療養証明書」を提示し税務署で確定申告のイメージ図

●確定申告用紙に記入し「領収書」「温泉療養証明書」を提示し税務署で確定申告を行います。

温泉療養の医療費控除について

当施設での温泉療法に効果のある疾病

えのすぱ天然温泉での効果的な疾病相談イメージ図

江の島天然温泉の泉質はナトリウム ー塩化物強塩温泉(高張性・中性・温泉)で、適応症には、きりきず、やけど、慢性皮膚病、慢性婦人病、神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、産後回復期、疲労回復、健康増進などがあります。

えのすぱでの温泉療養が効果的な疾病としては、疼痛などを含む痛み全般、生活習慣病への予防等疾病対策、またストレス疾患などがあげられます。
ストレスによる体調不良や様々な痛みでお悩みの方、ぜひ温泉療法をお考えください。

また未病、予防、健康づくりに温泉療法を、ぜひご相談ください。

 

tel:0466290688